そんな外壁塗装、いいと思いませんか?

外壁塗装のタイミング

普段、自分の家の壁の状態を意識して見ることは非常に少ないと思います。 家の屋根や壁は、激しい雨や強い紫外線、冷たい雪、砂埃などを常に浴び続けています。 私が想像する以上に、毎日大きな負荷をかけられている状態だということを知っておくべきです。 どのような環境であっても対応できるよう、外壁や屋根は作られていますが、年月の経過とともに、だんだんと劣化していきます。
私達は、外壁や屋根のメンテナンス時期を逃さず、定期的に補修していくことで、家の寿命をのばすことができます。
一生に一度の大きなお買い物である大切な家だからこそ、長く大切に住み続けるためにも、早めにメンテナンスを行うことが重要なのです。

外壁塗装のタイミング

一般的に、外壁塗装のタイミングとして適しているのは、家を建てて10年くらいと言われています。
できれば5年に一回は定期点検を行って、家の状態を確認するのがベストですね。
定期的に外壁塗装を行うことで、家の美観を保てるというのはもちろんのこと、家の耐用年数を確実にのばすことができますので、そのぶん家の資産価値も高まると思います。
もしも、定期的な点検やメンテナンスを行わず放置していたとしたら、家の傷みは知らず知らずのうちに進行してしまい、より大がかりな工事が必要になってしまい、その場合には、高額な工事費用となることが考えられます。

外壁塗装のセルフチェック

築8年くらいを過ぎたら、できるだけこまめに、家の壁の状態をチェックすることをおすすめします。
少しでも早く、外壁のサインに気づいてあげることが、結果的に工事費用を抑えることにも繋がります。
チェック項目としてはいくつかあるのですが、ひび割れ・塗装の剥がれ・色あせ・汚れ・カビ・サビ・藻・腐食の有無・チョーキングなどでしょうか。


なかでも、塗料の防水効果がなくなってしまうチョーキング現象には注意です。
チョーキングというのは、外壁の表面を手でこすると白い粉がつくことを言います。
築10年以内であっても、防水効果がなくなった外壁を放置しておくことは危険です。
まだ外壁の内部にまで傷みが進行していなくても、できるだけ早めに外壁塗装を行ったほうが良いでしょう。

外壁塗装に向いている季節は?

外壁塗装を行う季節ですが、時期によっては気候により工期が長くなってしまう季節があります。
工期が長くなりがちなのが、梅雨の時期、真夏、真冬です。
一方で比較的短い工期で済むのが4月、5月、10月、11月と言われています。
名古屋の気候として特別雨が多いということはありませんが、それでも梅雨時期は雨が降れば塗装作業が出来ないこともあります。
また、湿度の高い梅雨時期は塗料が乾きにくいということもあります。そのため、自然と工期は長くなってしまうのです。

信頼できる外壁塗装業者に依頼するために

外壁塗装に限ずですが、リフォームやシロアリ駆除など、住宅補修関係には業者とのトラブルがつきものです。
「このままだと地震で倒壊する」「このまま放置すれば土台が腐って住宅の建て直しになる」などと脅されて、必要もないのに高い契約をして手抜き工事をされる・・・といった被害に遭っている方が実際にいるのです。
名古屋にはとても多くの外壁塗装業者が存在しており、彼らもなんとか仕事を得ようと必死です。在宅中に飛び込みで営業マンが来てしつこく勧誘されたというご経験をされた方もいるのではないかと思います。 なんの知識もなく悪質業者の言うことを真に受けていては良いカモになってしまいます。少しでも知識を身につけたり、口コミなどで評判の良い業者を見つけることが大切です。

名古屋のおすすめ業者

名古屋には数多くの外壁塗装業者がありますが、外壁塗装 名古屋なら大塚ペンキがおすすめです。
お客様とのコミュニケーションを重視して、より希望に沿った施工ができるようにをモットーとしています。 大塚ペンキは職人であり社長でもある代表者自ら現場調査や見積もりをしてくれるので、質問にもその場で答えてくれます。また、見積もりを出したあとはしつこい営業をしませんので、2~3社から相見積もりをとってからじっくり検討出来るのも良いですね。
営業担当と職人が別の会社はなにかとトラブルも多いと聞きますので、こういった会社のほうが安心というわけです。
日本ペイント カモ井加工